2015年07月14日

猫の口内炎と付き合うために。。。

sironeko08.gifブログを書き始めた頃、我が家の老猫の口内炎のことを書き綴っていたため、このブログの検索ワードは、猫の口内炎がダントツです。

口内炎の猫を持って、大変な思いをしていらっしゃるんだなぁとお察しいたします。

あくまでも我が家の猫の場合ですが、引き取った時点で11歳くらいだったようで、口内炎を発症した時にはかなりの老猫でした。

体力もなく、完治の可能性のある全抜歯も不可能、ということで、勝手ながら病院では無理だと判断しました。

率直な獣医さんが
「猫の口内炎は治ることもある」などとおっしゃっているので、治らないことがほとんどなのでは?

獣医さんは神様ではないのです。

ではどうしたらよいのか? 猫の口内炎の原因は免疫低下と口内の雑菌! 我が家の場合は、免疫を上げて、口の中をとにかく清潔に保つ努力を続けました。

免疫を上げて、口の中を抗菌できるもの、、、、、大至急ペット用のプロポリスを取り寄せ!

猫の口内炎では必ず抗生物質が処方されていましたが、プロポリスは、天然の抗生物質ともいわれています。

毎日プロポリスを猫の食事にれたり、口の中に慣らしたり、歯や歯茎を磨きました。

さらに、プロポリスは免疫を強化するともいわれているので、口内炎の猫にはぜひとも試してみたいものです。

ペット用のプロポリスは甘いので、猫が泡を吹くことはありません。

注射血液を浄化し、がん細胞を消滅させるびわの葉温灸もせっせと行いました。

お灸は火を使うのでなかなか億劫かもしれませんね。

火を使わない電気タイプのお灸もあります。

肩こりなどにもよく効きます。





当時は存在をりしませんでしたが、最近フルボ酸で猫の歯磨きをしています。

左全くの無味無臭です。水のようです。

毎日磨いていますと、ほとんど口臭はなくなりますから、抗菌力はかなりのものだと思います。

ミネラルも豊富で、体調も整っていくのではないかと思います。メーカーによっては癌患者の方に無料で試してもらっているところもあるようです。

今我が家に口内炎の猫がいたら、歯磨き用ではなくもっと濃度の濃いものを試してみると思います。

左 プルボ酸




くすり痛みで食事かできないのは可愛そうなので病院から「メタカム」という痛みどめだけをいただいていました。ラクトフェリンも人間用のをいただいていました。免疫を上げるらしい。

結果、16まで一緒にいてくれたました。口内炎の完治はできなくても、何とか付き合っていくことをあきらめずに頑張っていくしかないと思います。
































ニックネーム 月の猫 at 10:24 | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

放射能の解毒にスギナ(ケイ素)がいいみたい!

sironeko06.gif放射能の影響を考えて、引っ越しをされる方もいるようですね。

何かいい対策はないものでしょうか。。。。

と、探してみましたら、前回ご紹介の炭製品などいろいろありましたが、意外なものが!

なんと、我が家の猫の好物のスギナが放射能を解毒できるようなんです。

ひらめきスギナ? そうですスギナです。

スギナにはカルシウムなどのたくさんのミネラルが含まれています。

スギナにはケイ素(シリカ)がたくさん入っているんです。

スギナのケイ素(シリカ)の含有量は12〜13%と他の植物と比べ群を抜いています。

ケイ素は、放射能や重金属を吸着して排出してくれるんです。

そういえば除染にゼオライトが使われていると、聞いたことありますが、このゼオライトの90%はケイ素なのだそうです。

これからも猫にたくさんスギナを摘んでくるとともに、飼い主もスギナを取り入れていきたいと思います。

薬草の本を覗いてみますと、スギナのてんぷら、お浸し、粉にしてお菓子に入れるなどが紹介されていました。

るんるん今の時期のスギナは硬いので、乾燥させてお茶がいいかなと思います。

スギナならそこら辺にたくさん生えていますから、お金をかけずに放射能対策出来ますね。

もっとも、土壌化汚染されていたのでは意味がないので、スギナの産地は要注意!


 左近所にスギナがないなら














 
タグ:放射能対策
ニックネーム 月の猫 at 08:21 | TrackBack(0) | 猫のご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

猫ご飯は野菜の放射能を落としてから

sironeko04.gif食品の放射能汚染が気になりまして、、、。

キノコなどはもう食べないほうがよいなどというご意見もありますね。。。どうなんでしょう。。。。

猫のご飯に入れる野菜だけでも、安全なものが欲しい! と、思いめぐらしていたところ。

ひらめき  重曹と自然塩をお風呂に入れて、入浴すると身体についた放射能を落とせる! と何かの記事で読んだのを思い出し、サッサッと調べてみると、野菜も、重曹水につけることで、放射能を落とせるらしい!!

ボウルに水をはって、自然塩と重曹を一つまみ入れて、3分ほどさらせばOK。

さらに、自然塩を加えたお湯で30秒ほど湯がくとさらに放射能も農薬も除去出来るみたいです。

これなら簡単ですし、重曹なら家にあるから、早速実践です!

さらに、偶然、こんな炭商品も発見しました。

麻炭パウダーです。



備長炭の4倍以上の吸着力があるそうで、水に薄めて畑にまくと放射能の濃度が下がるとのこと。

そうです。野菜の放射線除去にも使えるようです!

水をはったボウルに一つまみの麻炭パウダーを入れて、キュウリ、ナス、りんごなどを5〜10分つけると、炭が放射能を吸着してくれます。


そのほかにも、歯磨き、入浴剤、パック、湿布、パンやクッキーに入れて焼くなどお料理にも使えます。

パックはしっとりプルプルになるみたい!


、、、そうそう、猫のフードに炭入りのフードや、腎不全のサプリに活性炭を使ったものがありますが、この炭パウダーをご飯に入れてもいいかもしれませんね。

、、、、猫には安全なものを食べさせたいと思います。







タグ:麻炭
ニックネーム 月の猫 at 13:56 | TrackBack(0) | 猫のご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

猫のトイレ臭にバイオミックス

sironeko05.gifこの時期は家の中のにおいが気になりますね〜。。。

一番気になるのは猫のトイレです。

常に炭を置いていますが、この時期は炭だけでは太刀打ちできず、安心安全のバイオミックスの登場です。

バイオミックスは、自然界に存在する納豆菌バチルスを使用で、人間や動物には無害

使い方は簡単で、容器(お茶の葉を入れるティーパックなど)に入れて猫のトイレの脇に置くだけ。

猫のトイレが、洗面所などにあるならば、バイオミックスを置いた後、締め切った方が効果ありです。

ドアのないところに猫のトイレがあるなら、さらに1%位を猫砂に混ぜて使用すると効果UPです。

それでも物足りないならバイオミックスを水に溶かして、辺りにスプレーもしちゃいます。

、、、、このスプレーは、いろいろと重宝しますよ〜。。。

ソファーやカーテン、車の中などにも使えてとっても便利。バイオで消臭なら安心安全! 

そうそう、バイオミックスをお風呂に置けば、お風呂のカビ対策にもなります。

カビ取りにも大活躍!

カビにシュッシュッとスプレーして、微生物が活動してくれるのを待ち(1日くらい?)カビをこすると、あっけなく取れるみたい!!

生ごみの消臭にも重宝します。ゴミにパラパラかけるだけ。もしくはシュッとスプレー。

薬品を使った消臭剤もありますが、なるべく自然なもので対処していきたいです。。。




バイオミックス













タグ:カビ バイオ
ニックネーム 月の猫 at 17:03 | TrackBack(0) | 猫暮らしグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

猫の口臭にフルボ酸がいい。。。

sironeko06.gif最近、猫の口臭がいつもと違うな、というか、いつもは臭いはしないのに、、、、、。

何かいいものはないかなと、とりあえず猫の歯磨きに使っているフルボ酸に抗菌作用があったはずだと、猫の口の中に、朝、昼、晩とプシュッとしたら、次の日、臭いは気にならなくなりました。フルボ酸は、やっぱりすごいかもと、みなおしました。

数年前は歯磨きジェルなどを使ったこともありましたが、天然のものがいい! と、最近、歯磨きは天然成分100%のフルボ酸に決定!!

お値段もお安いです!!

フルボ酸は全くの無味無臭なので猫に使いやすいんです。猫にストレスはかけたくない!



パッケージの写真です。



ミネラル、アミノ酸、天然酵素、有用菌を、およそ8000年前の土から、ろ過した天然成分100%。

なんでも、フルボ酸の豊富なミネラルは、アミノ酸と分子結合した状態で存在しているのだそうです。

必要なものを吸収し、ミネラルバランスを整え、免疫を向上、抗菌作用などがある。など、フルボ酸を調べるとたくさん出てきます。

毛が生えるとか書いてありましたよ。。。。

、、、猫の口臭がなくなったので、抗菌作用は確かに、と思いました。

歯磨きや口臭対策に、このペット用のフルボ酸はみがきサプリは◎です。






難病などで免疫向上効果を期待する時は、人間用のフルボ酸を少々与えてみたいと思います。



フルボ酸には、ソマチットも入っているようです。








タグ:ソマチッド
ニックネーム 月の猫 at 10:41 | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

猫にワクチン打ちますか?

sironeko04.gif昨年でしたでしょうか? 猫のワクチンにつて書かれている獣医さんのブログを紹介しました。

  こんな記事でした。 以下   http://lunahp.hamazo.tv/e1337498.html  より転載

猫ちゃんにワクチン接種をされている方、いらっしゃいますか〜?

ネコの免疫不全ウイルス(俗名:猫エイズ)のワクチンが、8月5日に販売開始されるそうです。

当院の患者さんが『ネコのきもち』に掲載されていたと、2ヶ月も前に教えてくれたのですが、その時には私自身情報を持っていなかったので、「不明です」とお答えしてました。
しかし販売されても、皆様からのご要望があれば導入を検討しますが、当院ではしばらく導入はしないでしょう。
エイズワクチンの有用性がないからです。
蔓延している白血病に対するワクチンですら、年間数える頭数しか接種できていません。
10本入りの箱を購入しても、期限が過ぎて破棄しなくてはいけないワクチンが必ず出ています。
5本期限が過ぎたからといって、返品はきかないので、正直もったいないです。

当院ではネコの3種混合ワクチンと5種混合ワクチンを使用してます。

3種のワクチンはヘルペスウイルス、パルボウイルス、カリシウイルス
5種のワクチンには上記+白血病とクラミジアが入ってます。
当院では
3種は屋内の猫用、
5種は屋外に出る猫用と分けています。

白血病や猫エイズは治せない病気で、しかも白血病はグルーミングだけでも感染する場合があります。
エイズはケンカや交配で蔓延します。
ノラ猫ちゃんは目ヤニ・鼻水は当たり前、白血病やエイズも持っている可能性が高いので、ワクチンが必要になるのです。

しかし、外に出ない猫ちゃんは
白血病の猫ちゃんに接触する可能性がないなら、白血病は必要ありません。
空気感染するネコかぜは網戸からも侵入するかもしれません

極論を言うと、屋内だけの猫ちゃんには3種のワクチンも必要ないでしょう。

ワンちゃんのワクチン同様に
正直言うと、
猫ちゃんのワクチン接種もしたくない。
猫ちゃんにはワンちゃんのようなアレルギーは少ないのですが、
特に白血病の入ってる5種のワクチン接種後に体調不良になったり、悪性の肉芽腫になる場合があるからです。
エイズワクチンはどうなんでしょうか?
副作用の問題は?
詳しいことがわかれば、後日ご報告します。

しかし当院のルールとして、かぜなど感染症の院内感染防止のため、手術や入院の場合はワクチン接種を義務化してます。
いろいろな病気の猫ちゃんが来院するので、病院としては仕方がないと思っています。

みなさんも、病院にお世話になる可能性があるなら接種しておいたほうが無難でしょう。


   ・・・・ここまで・・・・・・・


この獣医さんのブログで、その後、さらにワクチンについて書かれていましたのでご紹介です。

     http://lunahp.hamazo.tv/e1448037.html























タグ:副作用
ニックネーム 月の猫 at 08:21 | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

猫に薬石・自然療法


sironeko05.gif人間の感覚ですと、口内炎などたいした病気ではないのですが、猫の口内炎は治りません。

 猫初心者だった私は、猫の口内炎の恐ろしさを知らずに、獣医さんに任せていればすぐに治ると思っていましたが、、、、、愚かな飼い主でした。

 病院では、痛み止めと抗生物質と、ステロイドが中心になると思いますが、治ると思わない方がいいと思います。

こんな獣医さんのブログもあるくらいですから。。。。

  猫の口内炎は治ることもあるんです


 治ることもある、つまり、治るのは難しいのです。

 、、、、、体力のある子の場合、全抜歯をすれば治すようですが?

 当時我が家が連れて行った獣医さんには抜歯は進められませんでした。お婆ちゃん猫だったので、無理だったのでしょうか?

、、、よく分かりませんけど、全くよくならないんです。病院では無理だと判断し、痛み止めのメタカムと免疫を上げるラクトフェリンだけいただき、自宅で自然療法を選びました。

 おもにはびわの葉温灸です。ペット用のプロポリスを与えたり歯茎に垂らしたり、マヌカハニーを口に中にぬったり、ビワの種の粉を食事に混ぜたり、、、、思いつくことをあれこれ試しました。

 そんな経緯もあり、今の子は元気ですが、日頃から健康管理には気を配って、、、、

 例えば、姫川薬石。猫のいるところに置いています。

himeka.jpg



 姫川薬石は、ラジウム石で、自然の放射線が出ています。

 放射線? そう放射線です。自然の放射線は遺伝子のエラーを修復できるそうです。免疫も高まりあらゆる効果を期待できるようです。

いい気分(温泉)ラジウムというば、北投石の玉川温泉は有名ですね。


 姫川薬石は、糸魚川の海岸で以前は拾えましたが、人気上昇のため? 拾い尽くされてしまったみたいです。
←買えるところもあります。















タグ:姫川薬石
ニックネーム 月の猫 at 11:50 | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする