2015年05月23日

猫に薬石・自然療法


sironeko05.gif人間の感覚ですと、口内炎などたいした病気ではないのですが、猫の口内炎は治りません。

 猫初心者だった私は、猫の口内炎の恐ろしさを知らずに、獣医さんに任せていればすぐに治ると思っていましたが、、、、、愚かな飼い主でした。

 病院では、痛み止めと抗生物質と、ステロイドが中心になると思いますが、治ると思わない方がいいと思います。

こんな獣医さんのブログもあるくらいですから。。。。

  猫の口内炎は治ることもあるんです


 治ることもある、つまり、治るのは難しいのです。

 、、、、、体力のある子の場合、全抜歯をすれば治すようですが?

 当時我が家が連れて行った獣医さんには抜歯は進められませんでした。お婆ちゃん猫だったので、無理だったのでしょうか?

、、、よく分かりませんけど、全くよくならないんです。病院では無理だと判断し、痛み止めのメタカムと免疫を上げるラクトフェリンだけいただき、自宅で自然療法を選びました。

 おもにはびわの葉温灸です。ペット用のプロポリスを与えたり歯茎に垂らしたり、マヌカハニーを口に中にぬったり、ビワの種の粉を食事に混ぜたり、、、、思いつくことをあれこれ試しました。

 そんな経緯もあり、今の子は元気ですが、日頃から健康管理には気を配って、、、、

 例えば、姫川薬石。猫のいるところに置いています。

himeka.jpg



 姫川薬石は、ラジウム石で、自然の放射線が出ています。

 放射線? そう放射線です。自然の放射線は遺伝子のエラーを修復できるそうです。免疫も高まりあらゆる効果を期待できるようです。

いい気分(温泉)ラジウムというば、北投石の玉川温泉は有名ですね。


 姫川薬石は、糸魚川の海岸で以前は拾えましたが、人気上昇のため? 拾い尽くされてしまったみたいです。
←買えるところもあります。















タグ:姫川薬石
ニックネーム 月の猫 at 11:50 | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

猫の結石対策にウラジロガシエキス

sironeko05.gif友人宅に結石を繰り返す猫がいました。

 定期的に病院へ通っていましたが、なんとか自宅で対策出来ないものかと、、、、もちろん自然なもので。

ひらめき結石に効果のあるウラジロガシを発見です!

 ウラジロガシはブナ科の樹木で、古くから胆石、結石の民間薬として用いられてきました。

くすり結石に対する効果は臨床実験でも証明され、病院でも使われているとか。。。

 民間薬として、流石茶、砕石茶として有名です。そういえば流石茶って聞きますね〜。。。


 カフェインを含まないので、妊婦さんや、子供も安心だそうですが、猫に使えないのか?

かわいいありました。ウラジロガシエキスを含む猫のサプリです。

ウロアクト
特徴:ウラジロガシエキス配合(尿石溶解作用・利尿作用)
















タグ:猫の結石
ニックネーム 月の猫 at 09:41 | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

猫の口内炎とプロポリス

sironeko04.gif

 

くすり当初、難治性口内炎と心臓病を発症した老猫を、病院へ連れて行きました。

 注射病院に言われるままに治療を受け始めましたが、なんか違うなぁ、といいますか、、、、この子に病院は無理だと判断し、自宅での自然療法を始めました。





 血液を浄化し癌さえ消滅させるといわれる
ビワの葉温灸を中心に過ごしましたが、いろいろなサプリも使いました。

 くすり中でもペット用のプロポリスは、今でも愛用しています。





 るんるん
病院では必ず、抗生物質が処方されていました。プロポリスは、天然の抗生物質ともいわれますね〜。



  猫にプロポリス? 

 かわいい大丈夫です。
ペット用のプロポリスは舐めてみると甘いです。猫に与えやすいです。



口内炎の根本原因は免疫の低下、直接的には口の中の雑菌。

 ひらめきであるならば、免疫を上げ、強力な殺菌作用があるプロポリスは口内炎には最強ではないか!?

 毎日、猫の口の中に垂らしたり、歯磨きをする時に使ったり、歯茎に塗ったり、重宝しました。



、、、、16まで一緒にいてくれました。自然療法を選んでよかったとおもいます。



 



  現在の我が家の猫は健康ですが、免疫の強化を期待して、プロポリスを与えています。









ペット用のプロポリス・サンタプロン

















タグ:猫の口内炎
ニックネーム 月の猫 at 05:28 | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

猫もEM菌

 sironeko10.gif猫も新医学ということで、自然のもので、猫の健康を促進するものはないかなぁと、見回していましたら、EM菌のペット用(元気のしずく)があるではないですか。

 EM菌とは酵母、乳酸菌、光合成菌などの有用微生物群です。

 
 
 
 酵母、乳酸菌だけでもじゅうぶん免疫をUPしてくれそうですが、

 
 さらに、興味深いと思ったのは、光合成菌が放射性物質を消滅させる? らしいです??

 そういえば、チェルノブイリでEM菌が活躍したとか????

 
 
 

 、、、、でも酵母は猫に飲ませにくいのでは? 

    それが無味無臭なんです。

    お値段も優しいです。

 



ペット用のEM菌「元気のしずく」
 
他は売り切れていますが、こちらのお店はまだ買えます。







 、、、、猫の糖尿病で検索をしてくださり、ありがとうございます。ラジウム石がいいと聞きますが。。。




 





タグ:光合成菌
ニックネーム 月の猫 at 09:46 | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

猫にもホルミシス効果

sironeko10.gifホルミシス効果・・・ラジウム石などの温泉からは自然の放射線が放射されています。

 自然で微量の放射線は健康を促進し、ホルモンのような働きをすることからホルミシス効果といわれています。

いい気分(温泉)難病を治すといわれる秋田の玉川温泉も、ラジウム温泉です。

くすりラジウム温泉とはラドン元素とトロン元素を一定量含む温泉と定義されています。ラドンは強力なイオン作用があり、皮膚から細胞に、また呼吸によって肺から直接血液に吸収されイオン化作用を起こし、新陳代謝が促進されるのだそうです。

注射その結果、血液が浄化され、がん、糖尿、自律神経失調などあらゆる病気に効果があるといわれます。

くすりラドン水を飲むことによって腎臓病にも効果があるみたいなんです。

 猫といえば腎不全ですね。ラドン水、試してみたいと思います。

 玉川温泉に戻りますが、玉川温泉のラジウム石は岩盤(北投石)といいます。北投石からの微量の放射線が、自然治癒力を刺激して活性化します。

 北投石は現在採掘禁止らしいです。

 ネットで買えますが、かなりのお値段です。

 買えたとしても、猫にお風呂は無理です。(入る猫もいるかもしれませんけど?)

いい気分(温泉)猫に何とかラドン浴(ホルミシス効果)と思い前回に続き、ラドン効果のあるホルミシスシートを発見です。

るんるん北投石よりもパワーがあるといわれるバドガシュタイン鉱石の粉が入っています。

 売り切れているところも多いですが、こちらは買えます。もちろん飼い主もOK。




 口内炎やら心臓病やらの猫がいた時に、病院に限界を感じ、自宅でびわの葉温灸をせっせと行いましたが、ホルミシスシートに寝るだけで血液は浄化されるなら、試してみたかったです。












タグ:ホルミシス
ニックネーム 月の猫 at 01:43 | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

猫の難病は岩盤浴。

sironeko08.gifその昔、被爆した人はラジウム温泉で治すのが常識だったそうです。

ラジウム石からは自然の放射線が出ていますが、自然の放射線は癌などあらゆる病気に効果があるそうです。

海外では、ラジウム石の自然放射線による治療に保険が使えつところもあるようです。

ラジウム石は、遺伝子のエラーを修復し、がん細胞も破壊できるといわれています。

キュリー夫妻は、ウラン鉱でがんが治ることを発見し、ノーベル化学賞をとっているです!

、、、、日本で、ラジウム温泉で有名なのは、秋田の玉川温泉ですね。

温泉に入って、ラドンガスを吸うことによっても、効果があるそうです。

玉川温泉まで行けなくても、ラジウム石をお風呂に入れたり、スチーマーに入れて蒸気を吸いこむのもいいですね。

ラジウム石ですが、玉川温泉の北投石は、採掘禁止です。買えるところもあるようですが、金より高価?

さらにパワーがあるオーストリアのバドガシュタイン石の方が、手に入りやすいと思います。お値段はやはり高価です。

、、、、猫に使うことを考えると、温泉は無理ですし、スチーマーも難しそうです。

岩盤浴なら、と思いますが、岩盤が手に入るかどうか、、、。

そこで、ラジウム平盤! 猫が上に乗って眠ってくれるだけで治癒に向かうなら、、、、。お風呂にも使えます。

          

ちなみに、こちらは、北投石よりもパワーがあるオーストリアのバドガシュタイン石。お風呂に入れてラドン浴。

          



タグ:ラジウム石
ニックネーム 月の猫 at 08:05 | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

猫の難病とタヒボ(紫イペ)

sironeko09.gifタヒボはビタミンやミネラルを豊富に含み、キラー細胞を活性化させ、癌、糖尿、アレルギーなどあらゆる病気に効果が期待されます。

 猫の難病にどうかと、何度か書きましたが、飼い主も興味があり、タヒボ茶を取り寄せてみました。

 ティーパックを袋から出すと、猫が寄ってきてじゃれます。何か好きな香りがするようです。

るんるん早速飲んでみました。香りは草のような香りですが、味は甘く感じます。

 コーヒー豆乳に入れると、美味です。いろいろ工夫して美味しくいただけそうです。

くすり効果の程ですが、話には聞いていましたが、10日ほど飲んでみたところ、確かに抜け毛が減りました。飲む量ですが、たまたま他のお茶を切らしていたこともあって、1日にマグカップ5杯くらい飲みました。

あと、胃の調子がよくなりました。

、、、肝心の猫ですが、さめたタヒボ茶に猫が寄ってきて、匂いをかぐので、手のひらにたらして飲ませたら、大さじ一杯くらい飲みました。

免疫強化のために、毎日飲ませてみようと思います。

病気の猫に、もっと本格的に与えるならペット用にイペット(タヒボ)というサプリがあります。



我が家が取り寄せたタヒボ茶はこちら



かわいい紫イペ(タヒボ)の効能は医師も、効果を認めているようです。心臓病やら口内炎やらで猫を亡くしました。当時知識がなくタヒボを試してあげられなかったことが悔やまれます。
        下
  紫イペ(タビポ)賛同医師たちの声







ニックネーム 月の猫 at 09:17 | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

猫の難病に再びタヒボ茶

sironeko08.gif猫の難病に有効ではないか? と以前にもご紹介したタヒボ(パウダルコ)ですが、ドクター佐野千遥博士のこんな記事を発見しました。

・・・・・以下転載・・・・・

 健康な人なら42.5度程度では普通「熱い」とは感じないのに、癌患者の場合に42.5度程度で「熱い!」と言うのは、其れほどまでに癌細胞というものが生命の根幹に食い込んでしまっており、生命の側が癌細胞を生命の一部と看做してしまう程に生命の根幹を劣化させている。

 一つの癌腫瘍を温熱療法で跡形も無く治癒しても、癌患者さんの生活習慣が改まらないならば、又再び別の癌に苛まれる事になるのだから、このような生命の根幹を蝕むものを切り離すためのあらゆる統合医療的手法(AWG、波動水、気功の手翳しによる温熱療法、タヒボ茶等の漢方、針灸、副交感神経を活性化するための呼吸法 [解糖系の無酸素呼吸でなく、ミトコンドリアを使う酸素呼吸]、音楽療法、音叉療法等)が推進されるべきなのである。


・・・・・ここまで・・・・


 くすりビタミン、ミネラルを豊富に含み、免疫を強化し、代謝を促進し、癌、糖尿などあらゆる病気に効果を期待できるといわれるタヒボですが、この記事を読んで、改めて、タヒボ(パウダルコ)を試してみたかったと思いました


 ペット用のパウダルコ(タヒボ)です。(パウダルコはタヒボの別名です)
        














タグ:パウダルコ
ニックネーム 月の猫 at 11:00 | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

猫の難病に奇跡のキノコ

sironeko08.gif難治性の口内炎の老猫を持ち、我が家は、病院からは痛み止だけをいただき、自宅で有効だと思われることを試みました。

 口内炎で猫を病院へ連れて行くと、必ず抗生物質が処方されます。

 プロポリスは、天然の抗生物質とも免疫を強化するともいわれ、口内炎にはもってこいだと思い、毎日与え続けました。

 ペット用のプロポリス(サンタプロン)です。舐めてみましたら、人間用のプロポリスとは違い、甘くできています。
 猫が泡を吹く心配はありません。酵素もたっぷりということなので、食事と与えると消化を助けてくれそうです。




 口内炎の場合、病院ではステロイドをすすめられますが、ステロイドは副作用があります。一見治ったように見えますが、、、、、、、。

 、、、天然のステロイドといわれる、アズミラのユッカインテンシブを試してみました。苦いです。ハチミツと混ぜるなど、与えるのに工夫が必要です。続きませんでした。 効果のほどは?


 猫の漢方ではクマザサのエキスがよく効くといわれます。商品名はサンクロン、ササヘルスです。

 後に知った、猫の口内炎治療薬として発売されていた王子のハタケシメジもよさそうです。

くすりどんな病気でも、免疫を上げることが先決かと思います。最近「たもぎ茸」というキノコが注目されています。
なんでもビタミンEの7000倍の抗酸化物質「エルゴチオネイン」を豊富に含んでいるそうです。
この「エルゴチオネイン」は細胞レベルの若返り、アガリスクの2〜3倍含まれるβ‐グルガンによる抗腫瘍作用が期待できるようです。

くすり「たもぎ椎」は、免疫を強化し、ガン、肝臓病、糖尿などの病気に効能・効果があることが判明しているとの報告があります。

注射粉末にしても、効能は変わらないとのことです。

かわいい猫の口内炎改善に、ハタケジメジが使われていなら「たもぎ椎」も期待できそうです。
ペット用も販売されていますが、人間用のたもぎ椎粉末で。
                   



     たもぎ椎について  




タグ:たもぎ椎
ニックネーム 月の猫 at 10:16 | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

猫の代替医療の続き、、、

sironeko10.gif前回の記事に登場したAWGが、何なのか? であるといわれまして、、、、。

実物を見たことはありませんが、こんな本があります。


















以下、公式HPより抜粋

AWG(Arbitrary Waveform Generator)
は疾病を細胞分子レベルから矯正する新しい医術です。患者に注射や手術などの苦痛や抗菌剤、抗ガン剤等の吐き気や嘔吐の副作用及び放射線、コバルト等の脱毛・脱力等を与えない理想的医療を目指すAWGの技術は、これから始まる「人類とウィルスの戦い」の最終的切り札になるものと信じます。

ITは0-1の組合せ、遺伝子DNA設計図はA・T・C・Gの4文字の組合せで、何億もの情報を網羅しています。AWGは生体細胞に損傷を与えない69種類の電子(Hz)を厳選して組合せ、この69のヘルツ(Hz)をベースに約400種類の病魔に挑戦し、これを滅殺するように設計されています。またAWGは安全性・有効性・品質を追求し開発に成功した世界初の最も安全な理想的新型治療器です。


公式HP ↓
http://www.petesdamedical.net/awg/index.html


タカダイオンはこちら


猫の漢方なら佐野薬局さん
  

エイズや白血病の子たちも頑張っているようです。電話やメールで相談できます。











タグ:AWG
ニックネーム 月の猫 at 18:32 | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする