2015年10月10日

猫の口内炎と免疫を強化するために

sironeko05.gif猫の免疫を強化させるために、我が家は毎日、猫のご飯にラフィノース(オリゴ糖)をパラパラとかけて食べさせます。

 強いにおいも味もなく、猫は気にせずに食べます。

るんるん何故ラフィノース(オリゴ糖)かといいますと、猫の口内炎に効くものを探しまくっていた時に王子の「ハタケシメジ」を発見しました。

この「ハタケシメジ」以前は、なんとその名も「口内炎改善剤」という名前で販売されていました。

かわいいメールでいろいろ質問をしましたら、ご丁寧にお電話などくださり、さらに丁寧にご説明くださいました。

 当時は、酸性キシロオリゴ糖とハタケシメジのミックスだったようです。

 現在は、コストの関係でハタケシメジのみだそうですが、効果は期待できるそうです。

くすりちなみに、オリゴ糖は、腸内環境を整え免疫を強化できるそうです。

、、、、乳酸菌では一時的に腸内の環境が整うだけだそうです。

くすり一方、オリゴ糖は腸内の善玉菌の餌になり、自身の善玉菌がどんどん増えていき、免疫が強化されるそうです。

 なるほど〜。。。

るんるんそれではオリゴ糖を猫の食事にプラスしてみたいのですが? とお聞きすると「他社製品ですがラフィノースがいいです」とお話し下さいました。

かわいい他社の製品でも、よいものは紹介してくださるなんて! と、早速ラフィノースをゲット。

以来ずっと猫のご飯にパラパラしています。

人間用です。なので自己責任でパラパラ程度です。多すぎると下痢をします。人間の便秘にも効きます。


中はスティックで小分けになっているので使いやすいです。


ハタケシメジ


















ニックネーム 月の猫 at 15:13 | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

猫の口内ケアなどにGSEグレープフルーツエキスは、、、

sironeko08.gif猫の口内の殺菌に抗菌力抜群の天然のGSE(グレープフルーツエキスが使えそうだなと思って、昨日書きましたが、、、

その万能GSEですが、
iherbをふらふらと眺めていて発見しました。

お値段が日本より安いです。

iherbとは、サプリ、コスメ、食品などのオーガニック製品を扱っているアメリカのサイトです。

商品の数は2万以上と豊富です。

アメリカのサイトですが、日本語で買い物できますし、日本人のスタップもいて、メールで問い合わせるとちゃんと日本語でかえってきます。安心。安心。

送料も確か4000円くらいから、佐川を選べば無料ですし、5日くらいで届きます。

同じ商品でも、日本で買うより安かったりします。

GSEグレープエキスも、
iherb.comの方が安く購入できます。

初回購入の方限定で
無料製品もあり、とってもお得!

オーガニックのコスメや、生はちみつなど、日本では見かけないものも多く、安く手に入ります。

ご存知の方も多いでしょうかね?

残念ながら、キャットフードは買えませんが、GSEを買うならiherbがお得です。

GSEグレープフルーツエキス
gse.jpg

紹介制度なんでしょうか? 購入時にコードを入力するところがありNJN788と入力すると割引が受けられるみたいです。

眺めているだけでも楽しいです。

















ニックネーム 月の猫 at 18:53 | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

猫の毛玉・便秘対策

ひらめき猫の毛玉には水溶性繊維がよい! と、よく利用するペット商品を扱うお店のオーナーにうかがいました。

ドロッとした水溶性繊維が、毛玉を胃から腸への移動を助けるのだそうです。

不溶性繊維では逆効果だとのこと。

確かに、不溶性繊維では、胃にたまった毛に繊維が加わるだけのような気がします。。。

以来、毛玉宅策には寒天をよく使います。かための寒天をご飯にしのばせます。気付かずによく食べます。

くすり猫の毛玉用に、コンニャクのパウダーも販売されていますね。

がしかし、我が家の猫は食欲が落ちるほどの便秘歴があり、不溶性繊維も取れるようにしています。

アズミラのナチュアファイバーを使ったり、

ベランダに草を置くと、喜んでかじっています。

mainokusa.jpg

毛玉を吐くのにも役立っています。なるべく自然に排出させたいのですが、、、

猫の大好きなスギナが季節的に手に入らなくなってきたので、代わりになる草を摘んできて、猫が気に入った草を常に置くようにしています。

小さなお庭(ベランダ)ですが、毎日草を食べたり、ゴロゴロして楽しそうです。

  コンニャクパウダー        アズミラナチュアファイバー
   
           









タグ:猫の毛玉
ニックネーム 月の猫 at 09:26 | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

猫の食欲がない

sironeko05.gif最近「猫がご飯を食べない」と、検索してこのブログに辿り着いてくださる多数の飼い主様が、いらっしゃいますが、それはきっと何か不調のあらわれでは?

例えば、我が家の場合、、、よく動くのですが、食欲がどんどん落ちていく子と、動きが鈍くなり食べなくなる子がいました。

注射3日ほど様子をみて食欲は戻らないので病院へ。よく動く子は、1度目は発情期でした。

 2度目は、便秘でした。レントゲンを撮ると腸にびっしりと、フンがつまっていました。

くすりビオへルミンのようなお薬をいただき、すぐに治りました。

 動きが鈍くなり、食欲が落ちていった子は、重篤な状態でした。

 猫がご飯を食べないなら、原因をはっきりさせるために、病院へ、と思います。いつもより動かないなら大急ぎで、と思いますが?

ダッシュ(走り出すさま)その猫を毎日見ている飼い主が、何かおかしい! と思うなら、そのカンは当たっているのでは?

 猫は、具合の悪いのを隠すので、あれ? っと思った時には、かなり病気が進行していることも考えられます。

 

 

 、、、猫は、ご飯を香りで判断するといわれます。

犬(足)ただご飯が気に入らないとか、食欲がないだけなら、食欲を増すために、減塩かつおぶしをかけたり、無塩醤油や、フィッシュオイルを使ってみるのもいいかもしれません。

天然オメガ3オイル(マグロ)
 栄養も、香りもたっぷり
       ↓


   
ニックネーム 月の猫 at 16:35 | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

猫の口内炎・歯周病にアシドフィラス

sironeko08.gif猫の歯磨きは、なかなか難しくてきれいに磨けないのですが、頑張っています。

歯磨きには、以前からご紹介している乳酸菌に、フルボ酸が加わったりしています。

乳酸菌でなぜ歯を磨くのかといいますと、口内の菌を良好に保ってくれるんです。

プラーク、ねばねばしたたんぱく質ですが、プラークが歯石を作り、歯周病や虫歯の原因になります。

プラークの除去に乳酸菌のアシドフィラス菌が有効なんです!

アシドフィラス菌は歯周病菌を作るプラークを溶かし、乳酸により歯周病菌を消滅させる効果があります。

さらに、アシドフィラス菌が口の中で増えると、口の中の悪玉菌は消え善玉菌が増えます。

お口の中が健康になるんですね。

歯周病、口内炎の猫のお口にアシドフィラス菌をおすすめします!


、、、アシドフィラスの入っている乳酸菌を使っていますが、我が家の猫は喜んで舐めます。美味しいんでしょうかね?

歯磨きできない時は、舐めさせたり、アシドフィラス菌をご飯に腹ぱらかけたりもします。

便秘にもいいみたいです。



← おなじみアズミラのアシドフィラス






こちらは人間用ですが、我が家は猫にも使います。
カプセルタイプなので、外して使います。














ニックネーム 月の猫 at 00:16 | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

ハチミツ日に猫の口内炎にプロポリスデアタック。。。

sironeko08.gif8月3日はハチミツの日でした。

 いろいろなハチミツ屋さんでセールが行われていたようです。

 ハチミツ屋さんにはハチミツだけでなく、ローヤルゼリ―やプロポリスなどもあり、ちょうど喉が痛かったのでプロポリスで治そう! と、購入ではなくて、プロポリスの効能をあちらこちらで再確認。

くすりプロポリスの抗菌・殺菌抗ウイルス作用ですが、人工的な抗生物質が全く効かないようなウイルスに対しても、抗ウイルス作用があり、単純ヘルペス、水疱性口内炎、バルボウイルスなどに有効であると確認されています。

 さらに、咽頭炎、気管支炎、肺炎などを引き起こす原因で、人工的な抗生物質では効かないマイコプラズマにも効果を確認。

、、、1991年にブラジル産プロポリスは、腫瘍細胞の増殖を抑えたり、消滅させる物質が含まれていると発表されているようです。

 癌に期待できるんですね。

くすりプロポリスは免疫賦活作用があることで知られていますが、免疫を強化ができるのであれば、あらゆる病気に効果が期待できるはず。

 さらに、プロポリスは、新陳代謝を活発にし、皮膚の再生を活性化させる働きがあり、育毛や美容にも効果が期待されています。

 
 シミ、そばかす、ニキビに効果を発揮するほか、毛の再生促進や白髪を黒髪にする作用があるそうです。

 
 
 
プロポリスはミラクルですね。

そういえば、マドンナが長年愛用している? エジプシャンクリームの成分は、ハチミツ、プロポリス、ローヤルゼリー花粉とミツバチのオンパレードです。

これから、家にあるプロポリスを顔のシミに塗って試してみたいと思います。

あ、そうじゃなくて喉痛かったんだった。。。。


ちなみに、我が家は人間用と、猫用のプロポリスを常備しています。

猫は、口内炎の老猫以来、猫の健康維持に口の中にポチポチ垂らしたり、ご飯に忍ばせたり、歯茎をマッサージしたり、重宝しています。

サンタプロンはペット用に甘くできているプロポリスなので、与えやすいです。

くすり猫の口内炎の根本原因は免疫の低下、直接原因は口内の雑菌、プロポリスはこの二つの原因にアタックしてくれます。

 継続は力なりです。










ニックネーム 月の猫 at 12:27 | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

猫の熱中症対策は天然石で

sironeko08.gif暑い日が続いて、ぐったりしてしまいます。。。

熱中症に用心してこまめに水分補給をするように心がけていますが、、、、暑い。

我が家の猫は、暑さに強いのか、さほど影響ないように見えます。

くすりでも油断は禁物! 猫も熱中症にかかるようで、症状は口を開けて、ハアハア苦しそうに呼吸をし、よだれが出たりします。

吐いたり、下痢をしたり、フラフラしてくるようです。

ひどくなると、意識がなくなったり、痙攣を起こしたり命にかかわることも。

猫の熱中法対策も考えなくては!

、、、がしかし、エアコンをつけると、他の部屋に行ってしまうのは我が家の猫だけでしょうか?

風のとおる涼しい環境がベストなのでしょうけど、なかなか難しく。。。

アイスノンのようなのとか2つ、3つペット用のクールマットを試しましたが、何が気に入らないのか乗りません。

もったいないので飼い主が乗っています(笑) ひんやりして気持ちいいです。

そういえば、夏になると、お風呂のタイルの上で寝ている猫がいましたが、きっとタイルがひんやりして気持ちがよいのでしょうね。

、、、最近タイルのお風呂も見かけなくなりました。

ならば、こんな天然石のマットはどうでしょうか。

きっと猫も気に入ってくれると思います。

石なので、汚れたら拭けばいいので、お手入れも簡単です。



、、、猫ともども、暑い夏を乗り切っていこうと、今日も朝からスギナ摘みです。


















タグ:天然石
ニックネーム 月の猫 at 08:10 | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

猫の口内炎と付き合うために。。。

sironeko08.gifブログを書き始めた頃、我が家の老猫の口内炎のことを書き綴っていたため、このブログの検索ワードは、猫の口内炎がダントツです。

口内炎の猫を持って、大変な思いをしていらっしゃるんだなぁとお察しいたします。

あくまでも我が家の猫の場合ですが、引き取った時点で11歳くらいだったようで、口内炎を発症した時にはかなりの老猫でした。

体力もなく、完治の可能性のある全抜歯も不可能、ということで、勝手ながら病院では無理だと判断しました。

率直な獣医さんが
「猫の口内炎は治ることもある」などとおっしゃっているので、治らないことがほとんどなのでは?

獣医さんは神様ではないのです。

ではどうしたらよいのか? 猫の口内炎の原因は免疫低下と口内の雑菌! 我が家の場合は、免疫を上げて、口の中をとにかく清潔に保つ努力を続けました。

免疫を上げて、口の中を抗菌できるもの、、、、、大至急ペット用のプロポリスを取り寄せ!

猫の口内炎では必ず抗生物質が処方されていましたが、プロポリスは、天然の抗生物質ともいわれています。

毎日プロポリスを猫の食事にれたり、口の中に慣らしたり、歯や歯茎を磨きました。

さらに、プロポリスは免疫を強化するともいわれているので、口内炎の猫にはぜひとも試してみたいものです。

ペット用のプロポリスは甘いので、猫が泡を吹くことはありません。

注射血液を浄化し、がん細胞を消滅させるびわの葉温灸もせっせと行いました。

お灸は火を使うのでなかなか億劫かもしれませんね。

火を使わない電気タイプのお灸もあります。

肩こりなどにもよく効きます。





当時は存在をりしませんでしたが、最近フルボ酸で猫の歯磨きをしています。

左全くの無味無臭です。水のようです。

毎日磨いていますと、ほとんど口臭はなくなりますから、抗菌力はかなりのものだと思います。

ミネラルも豊富で、体調も整っていくのではないかと思います。メーカーによっては癌患者の方に無料で試してもらっているところもあるようです。

今我が家に口内炎の猫がいたら、歯磨き用ではなくもっと濃度の濃いものを試してみると思います。

左 プルボ酸




くすり痛みで食事かできないのは可愛そうなので病院から「メタカム」という痛みどめだけをいただいていました。ラクトフェリンも人間用のをいただいていました。免疫を上げるらしい。

結果、16まで一緒にいてくれたました。口内炎の完治はできなくても、何とか付き合っていくことをあきらめずに頑張っていくしかないと思います。
































ニックネーム 月の猫 at 10:24 | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

猫の口臭にフルボ酸がいい。。。

sironeko06.gif最近、猫の口臭がいつもと違うな、というか、いつもは臭いはしないのに、、、、、。

何かいいものはないかなと、とりあえず猫の歯磨きに使っているフルボ酸に抗菌作用があったはずだと、猫の口の中に、朝、昼、晩とプシュッとしたら、次の日、臭いは気にならなくなりました。フルボ酸は、やっぱりすごいかもと、みなおしました。

数年前は歯磨きジェルなどを使ったこともありましたが、天然のものがいい! と、最近、歯磨きは天然成分100%のフルボ酸に決定!!

お値段もお安いです!!

フルボ酸は全くの無味無臭なので猫に使いやすいんです。猫にストレスはかけたくない!



パッケージの写真です。



ミネラル、アミノ酸、天然酵素、有用菌を、およそ8000年前の土から、ろ過した天然成分100%。

なんでも、フルボ酸の豊富なミネラルは、アミノ酸と分子結合した状態で存在しているのだそうです。

必要なものを吸収し、ミネラルバランスを整え、免疫を向上、抗菌作用などがある。など、フルボ酸を調べるとたくさん出てきます。

毛が生えるとか書いてありましたよ。。。。

、、、猫の口臭がなくなったので、抗菌作用は確かに、と思いました。

歯磨きや口臭対策に、このペット用のフルボ酸はみがきサプリは◎です。






難病などで免疫向上効果を期待する時は、人間用のフルボ酸を少々与えてみたいと思います。



フルボ酸には、ソマチットも入っているようです。








タグ:ソマチッド
ニックネーム 月の猫 at 10:41 | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

猫にワクチン打ちますか?

sironeko04.gif昨年でしたでしょうか? 猫のワクチンにつて書かれている獣医さんのブログを紹介しました。

  こんな記事でした。 以下   http://lunahp.hamazo.tv/e1337498.html  より転載

猫ちゃんにワクチン接種をされている方、いらっしゃいますか〜?

ネコの免疫不全ウイルス(俗名:猫エイズ)のワクチンが、8月5日に販売開始されるそうです。

当院の患者さんが『ネコのきもち』に掲載されていたと、2ヶ月も前に教えてくれたのですが、その時には私自身情報を持っていなかったので、「不明です」とお答えしてました。
しかし販売されても、皆様からのご要望があれば導入を検討しますが、当院ではしばらく導入はしないでしょう。
エイズワクチンの有用性がないからです。
蔓延している白血病に対するワクチンですら、年間数える頭数しか接種できていません。
10本入りの箱を購入しても、期限が過ぎて破棄しなくてはいけないワクチンが必ず出ています。
5本期限が過ぎたからといって、返品はきかないので、正直もったいないです。

当院ではネコの3種混合ワクチンと5種混合ワクチンを使用してます。

3種のワクチンはヘルペスウイルス、パルボウイルス、カリシウイルス
5種のワクチンには上記+白血病とクラミジアが入ってます。
当院では
3種は屋内の猫用、
5種は屋外に出る猫用と分けています。

白血病や猫エイズは治せない病気で、しかも白血病はグルーミングだけでも感染する場合があります。
エイズはケンカや交配で蔓延します。
ノラ猫ちゃんは目ヤニ・鼻水は当たり前、白血病やエイズも持っている可能性が高いので、ワクチンが必要になるのです。

しかし、外に出ない猫ちゃんは
白血病の猫ちゃんに接触する可能性がないなら、白血病は必要ありません。
空気感染するネコかぜは網戸からも侵入するかもしれません

極論を言うと、屋内だけの猫ちゃんには3種のワクチンも必要ないでしょう。

ワンちゃんのワクチン同様に
正直言うと、
猫ちゃんのワクチン接種もしたくない。
猫ちゃんにはワンちゃんのようなアレルギーは少ないのですが、
特に白血病の入ってる5種のワクチン接種後に体調不良になったり、悪性の肉芽腫になる場合があるからです。
エイズワクチンはどうなんでしょうか?
副作用の問題は?
詳しいことがわかれば、後日ご報告します。

しかし当院のルールとして、かぜなど感染症の院内感染防止のため、手術や入院の場合はワクチン接種を義務化してます。
いろいろな病気の猫ちゃんが来院するので、病院としては仕方がないと思っています。

みなさんも、病院にお世話になる可能性があるなら接種しておいたほうが無難でしょう。


   ・・・・ここまで・・・・・・・


この獣医さんのブログで、その後、さらにワクチンについて書かれていましたのでご紹介です。

     http://lunahp.hamazo.tv/e1448037.html























タグ:副作用
ニックネーム 月の猫 at 08:21 | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする