2014年01月15日

キャットフードの選び方

sironeko04.gifはじめて引き取った猫が、口内炎、心臓病と次々に病気を発症しました。

        → 初めての猫は心臓病

 何故この子が、こんなに苦しまなければならないのだろうか?

くすり、、、、原因はいろいろあったと思いますが、キャットフードに疑問をもちました。

注射本来猫は、ネズミなどの小動物を生で食べているわけで、、、、加熱した食品では酵素がゼロです。

 キャトフードがどんなに栄養のバランスが優れていても、酵素は含まれていないのです。

くすり神様は、猫に焼いたり煮たりする能力をおあたえになりませんでした。

 猫は、自然に近い食事をさせるべきではないかと思い、なるべく生肉を使った食事を与えるようにしています。

 アメリカの動物園では、生食に切り替えたら病気がぐっと少なくなったとか???

 猫ご飯は、何冊か、猫のご飯本を参考にしていますが、厳密ではなく、生肉、季節の野菜や野草、柔らかく炊いた玄米を与えます。食べない時は猫缶を混ぜて食べさせます。

 さらに酵素やオリゴ糖を加えます。オリゴ糖は免疫をupします。

、、、もちろん、ドライフードを完全に否定しているわけではなく、猫のご飯を作れない時や、非常時のために、ドライフードのストックもあります。

くすり購入時に、必ず内容成分をチェックします。

 一般に、多く含まれている物から表示されています。よって、一番最初に「チキン」というふうにはっきりとお肉の名前が書いてあるものを選びます。

 キャットフードの内容成分の中に、ビートパルプってよく見かけますが、ビートパルプとは、甜菜(ビート)から等分を搾り取った後の残りかすだそうです。猫に必要なんでしょうか?
 
 などと書いていくときりがないので、やめておきますが、なるべく良質と思われるものをストックしておくように心がけています。

我が家のストックフードは



くすりは飼い主を選ぶことができないので、できることは何でもしてあげたいと思います。



ニックネーム 月の猫 at 20:00 | TrackBack(0) | 猫のご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

猫に柿の葉のおすそ分け

sironeko10.gifだんだん寒くなってまいりました。

くすり風邪をひかないように、ビタミンCの補給をしていきたいと思います。

我が家では、柿の葉茶をよく飲みます。

柿の葉はビタミンCがたっぷりです。

ビタミンCの量は、緑茶の約20倍、レモンの約10〜20倍ともいわれます。
 

え? ビタミンCって、熱を加えると破壊されるんじゃないの?

くすり大丈夫なんです。柿の葉のビタミンCは「プロビタミンC」と呼ばれるもので、ビタミンCになる一歩手前の状態で、熱を加えても、壊れないんです。

寒くなる季節、温かいお茶で、ビタミン補給ができるなんて最高です。

柿の葉は、春の新芽の時に摘んで、乾燥させておきます。

市販されている物もたくさんあります。

1年中飲んでいますけど、特に冬のビタミンC補給には、柿の葉茶は重宝しています。

猫のご飯にも、ほんの少しおすそ分けしてみました。

メニューは、解凍した鶏のミンチ(生)と猫缶を混ぜ、柔らかく炊いた玄米とスギナとキャベツを少々。

くすりスギナは腎不全対策になります。我が家の猫は、スギナが大好きなんです。

上記に、柿の葉をミルでひいて、ほんの少し加えてみました。ミンチは熱湯で、サッと霜降りにすることも。

柿の葉茶です。


kaki.jpg



くすり、、、、猫の場合、ビタミンCは肝臓で合成され蓄積されます。

 1日の合成能力は最大値で60mgといわれます。

くすり自分で合成できるので、猫にビタミンC不要であるというご意見と、身体の大きさに関係なく、合成される量は最大60mgであり、ストレスなどでどんどん消費されるため、必要である。というご意見があるようです。

くすり特に病気の時は、ビタミンCの消耗がはげしいといわれます。

ペット用のビタミンCが、あこがれのアズミラからで出ていますね。
















ニックネーム 月の猫 at 15:43 | TrackBack(0) | 猫のご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月09日

猫のご飯の冬支度

sironeko04.gif我が家の猫ご飯は、一応猫のご飯本を何冊か読んで、参考にしていますが、とても適当なご飯です。

かわいい野菜は生で食べられるものは生で入れ、スギナやよもぎなどの野草が入ります。

 我が家の猫は、スギナが大好きで、そのままでもムシャムシャ食べます。

 猫がスギナを食べて大丈夫なのだろうか? とも思いましたが、食べ続けて約4年、全く異常はありません。

 むしろ元気になりました。

くすり引き取った時は、よく吐いて、食欲もなく、エイズ、白血病の検査をしましょう。などと言われたものですが、今では、体つきもしっかりとして、とても元気です。

スギナは、ドイツではその薬効成分が高く評価されています。

注射スギナの効能はたくさんありますが、猫の飼い主として、一番注目したのは、腎臓病の予防、腎機能の促進です。

くすり腎不全が猫の宿命ならば、手をこまねいて、その時を待つのではなく、何か対策をしてあげたいと思い、大好物のスギナを、毎日、自由に食べられるようにしてあります。

、、、スギナで最も注目を集めているのは、体内の組織と組織を結ぶ作用があるとされるケイ酸のようですが、、、。

るんるんちなみに、ケイ酸が不足すると毛が抜けやすくなるようです!

くすりさらに、我が家の猫ご飯によく登場するのがよもぎです。

我が家の猫は、よもぎは、あまり好きではないようで、好んで食べません。

でも、よもぎは、解毒効果抜群なんです。

飼い主としては、腎不全予防効果のあるよもぎは、何としても食べさせてあげたいと思い、時々、ほんの少量を猫缶入りの生ご飯に忍ばせて食べさせています。

これから冬に突入、ということで、生の野草が手に入らなくなります。

茹でて、冷凍にしたり、乾燥にしたり、猫ご飯の冬支度に忙しい毎日です。

かわいい乾燥よもぎです。飼い主もお茶にして一緒に飲みます。美味しいです。



yomogi.jpg




ニックネーム 月の猫 at 18:43 | TrackBack(0) | 猫のご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

老猫が吐くんです。

sironeko10.gifご近所の14歳の老猫が、よく吐くようになったといいます。

ご飯を食べるとすぐに吐く、そうです。

くすり今まで大好きだった、猫缶も吐くようになり、ほんの少ずつしか、食べられなくなり、どんどん痩せてきたそうです。

血液検査の結果は、異常ないそうです。

注射この子の様態を聞いて、我が家が始めて引き取った老猫を思い出しました。

彼女も、よく吐く子でした。当時は、何がなんだか分からずに、動物病院を何軒もはしごし、猫に多大なストレスを与えてしまい、大反省です。

結局、何件行っても、結果
は、はっきりしませんでした。

くすり最終的には、口内炎を発症し、心臓病もあるとかいろいろ言われましたが、今思うと、体調不良の始まりは、腎不全だったのではないか、と思っています。

くすり腎臓の状態は血液の尿素窒素(BUN)と血清クレアチニン(Cre)の値で判断します。

が、しかし、検査の値が基準範囲内だとしても、腎臓の全機能が正常に働いているとは限らないのだそうです。

血液検査の値が上昇するときには、すでに腎臓の70〜80%が機能しなくなっているといわれているのです!

注射血液検査で異常がないからといって、安心できないとうことですね。

腎不全は、猫の宿命といわれる病気です。

くすりなぜならば、もともと砂漠で生活していた猫は、飲む水が少なくても生きて行けるように、体内で水を有効に使うために尿の濃縮率が高く、濃い尿をします。

そのために、腎臓に負担がかかり、老猫のほとんどは、腎不全だといわれます。

注射なので、今度我が家の猫が年老いて、嘔吐、多飲多尿、食欲減退などの体調不良を起こしたなら、まずは、腎不全を疑ってみようと思います。

慌てずに、対処していきたいと思います。

ちなみに、最初にご紹介した、近所のよく吐く老猫は、病院には頼らずに、自宅で水素水を飲ませるなどして、様子を見ているそうです。食事はささみを茹でるなどして、工夫しているとか。

くすりこの子は以前にも、2日ほど脱走して帰ってきて、食べないし、ほとんど動かなくなり、病院へ行くと、即入院。首のあたりから栄養を入れる? というようなことを告げられましたが、ママが即座にお断り。

獣医さんは「こんな重体なのに 」と、驚いたそうです。。。

くすりママの意志は強く、家でできる注射を3日分もらって帰り、ずっとママがそばにいて看病し、見事生還したことがありました。


、、、我が家の腎不全対策としては、普段からお水をたくさん飲もませるようにしています。

鶏のスープはよく飲みます。鶏を適当に煮込んでスープをとるだけです。

スギナが好きなので、毎日食べさせています。解毒効果もあるようで。

下
本格手ににケアするなら「御用腎」
店長さんが電話やメールで、相談にのってくださいますよ。


ニックネーム 月の猫 at 13:25 | TrackBack(0) | 猫のご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

レバーは猫のサプリ?

sironeko09.gif猫の手作りのご飯を、与えるようになったきっかけは、引き取った老猫の口内炎でした。

 猫の口内炎の根本原因は、免疫の低下といわれています。

 11歳くらいの子でしたので、年齢的にも免疫は落ちてきていたのだと思います。

くすりそこで、基本は食事! 免疫を上げるべく、猫のご飯本を何冊か読み、手作り開始!

かわいい猫デリレシピとうい本の基本のご飯を、マスターし、徐々にアレンジしていきましたが、この本ではレバーをよく使うんです。

くすり栄養価を強化してくれるサプリのように、使っています。

確かに、レバーは、ビタミン、ミネラルが豊富で、猫の手作りご飯の栄養バランスをパワーアップしてくれると思います。がしかし、我が家の猫は、レバーを食べてくれません。

バッド(下向き矢印)臭いを取るために、工夫しても×です。

さらにレバーは扱いにくく、鶏のレバーを使いますが、無農薬の餌で育てた鶏のレバーを探すのも大変!

ひらめきと、思っていたところ、フリーズドライのレバーを発見!!

パラパラトッピングしたり、ご飯に混ぜたり、とても扱いやすく便利です。

徹底した飼育管理、衛生管理にて育てられた鶏ということで、安心して猫に与えられます。






左フリーズドライのレバー









、、、もちろん、ドライも猫缶も時に応じて使います。その場合、必ず酵素を加えます。














タグ:免疫
ニックネーム 月の猫 at 11:47 | TrackBack(0) | 猫のご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

猫に簡単手作りスープ。。。

sironeko10.gif始めて引き取った老猫が、口内炎、心臓病と、次々に病気を発症したのをきっかけに、猫の手作りご飯に関心を持ちました。

くすり本来、ネズミなどの小動物を食べていた猫が、乾燥したキャットフードを食べているなんて、不自然なのでは? 栄養バランスがとれているとしても、加熱食品には酵素が含まれていません。

 とはいうものの、我が家の猫は、なかなか手作りご飯を食べてくれなかったので、まずは鳥のスープから始めました。

 キャットフード離れしてもらうため、手作りの味に慣れてもらうためのスープで、難しく考えず、鶏肉をひたすら煮込み、アクをとったら出来上がり。

 濃いようなら、お湯で薄めてから与えます。

くすり出来上がったスープに、少し乾燥キャットニップを加えました。

 我が家の猫は、スープは喜んで飲んでくれましたが、スープをとったお肉は食べないので、ミルでドロドロにして、スープに加えたら、飲んでいました。

かわいい何故胸肉かというと、胸肉は、必須アミノ酸を多く含んでいるので、猫の食事に適している! と、思われるので、胸肉をよく使います。

 スープなら、鶏ガラの方がいいのかもしれませんけど、、、。

 スープに慣れて来たら、茹でて細かくした野菜や、お湯にさっとくぐらせた鶏の胸のミンチを徐々に加えていきました。

 それでも食べない時は、猫缶に、それらを忍ばせて、徐々に増やしていきます。

 スープは、鶏が×でも、魚のアラのスープなら飲む子もいるようです。

くすり水分補給は、猫の宿命である腎不全対策にもなるので、猫のお気に入りのスープを、いろいろとストックしてあげたいと思います。







左腎不全用サプリもあります。
タグ:猫の腎不全
ニックネーム 月の猫 at 00:40 | TrackBack(0) | 猫のご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

猫のプチ手作りご飯

sironeko06.gif我が家は猫のご飯をなるべく手作りで、なるべく生の食材を加えるようにしています。

始めて引き取った老猫が、口内炎、心臓病と、次々に人間さながらの病気を発症し、治してあげることができませんでした。

たくさんの猫の病気や、食事の本を読みました。

その中に、ポッテンジャー博士の猫についての記事があります。

かわいい生食を与えた猫だけが、何世代にもわたり健康でいられた。というものです。

かわいいまた、アメリカの動物園では、動物たちのえさは、生食が当たり前になっているそうです。

 以来、動物たちに病気がなくなったそうです。

るんるん生食と、キャットフードの違いは、酵素です!

 加熱された食品がどんなに栄養バランスがよいとしても、酵素は加熱されることにより破壊されています。

 そもそも、猫は、自分で焼いたり煮たりする能力を持っていません。

 ネズミや草などの、生のものを食べるように創られているのではないか?

 と、考えるようになり、猫にはなるべく生ご飯を与えるようにしています。

ひらめき生肉を、そのまま食べてくれないなら、猫缶を使います。猫缶に、少量の生肉や生野菜を混ぜて、プチ手作りご飯を与えます。

 全くの生肉に抵抗がある時は、サッとお湯をくぐらせてから使います。

 使用するのは、鶏の胸のひき肉が多いです。

ひらめきレバーは、アメリカの猫ご飯ではサプリ代わりに使われるほど、ビタミンミネラルを多く含みます。

 鉄分、亜鉛も豊富で、毎日猫ご飯に加えたい食材です。

 鶏レバーは生ではなく、茹でて、小さく刻んで加えます。

 野菜は、キャベツ、大根、トマトなどを、少量加えます。

 柔らかく炊いた、玄米も、少量加えます。

 猫缶に上記の生食材を少量、加えるだけの、プチ手作り猫ご飯、とっても簡単です。

 豚肉を与える時は、必ず、火をよく入れます。生食には向きません。

くすりどうしても時間がなく、猫缶やドライフードだけになってしまう時には、必ず酵素を加えてから与えてるようにします。





ベジタブルエンザイム(酵素)





タグ:酵素
ニックネーム 月の猫 at 17:03 | TrackBack(0) | 猫のご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

かんたん猫ご飯!

sironeko04.gif我が家では、なるべく手作りご飯を与えるようにしています。

手作りご飯は、難しそうなイメージかありますが、たくさんある猫ご飯の本を参考に作ります。

犬(足)かんたん猫ご飯犬(足)

かわいい材料は、厳密ではありませんが、お肉:穀類:野菜  6:2:2 で混ぜます。

るんるん鶏の胸肉の半生(ささっと湯通しします)

るんるん細かく切ったキャベツ、ミンチにした茹でた人参

るんるん柔らかく炊いた玄米

るんるんグリーンナッツオイル 少々

※下痢をしている時には、茹でたカボチャを入れます。

仕上げに、酵素と、ラフィノースを必ず入れます。

くすり酵素は、本欄は生食を食べていた猫に、消化の負担をかけないためと、ラフィノース(オリゴ糖)は、免疫を上げるため、便秘対策のためです。

以上、とっても簡単な我が家の猫ご飯でした。

 最初は、手作りご飯を食べてくれない子が多いと思います。、猫缶を混ぜて、食べる練習をするといいみたいです。





 オリゴ糖のラフィノースは、いろいろ使ってみましたが、これに落ち着きました。
 
 我が家の猫の便秘には即効でした。












ニックネーム 月の猫 at 10:37 | TrackBack(0) | 猫のご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

猫の肥満と膵炎

sironeko09.gifご近所の猫が、入院しました。

症状は、嘔吐と食欲不振とのことです。

食べた後に吐くことはよくあったそうですが、その日は食べてから3時間ほどして吐いたそうです。

くすり吐いた物の中に毛玉も入っていないし、お水を与えると、多少の飲むものの、すぐに吐きだしたそうです。

これはおかしい! 急いで病院へ!!

レントゲンを撮り、異常なし。

注射胃腸炎を疑い、点滴と注射と、胃腸炎の飲み薬と吐き気止めをもらって帰宅。

翌朝、症状が改善しないので、すぐ病院へ。

血液検査の結果、クレアチニンが高い!

どこかが炎症を起こしている?

エコー検査の結果、膵臓が映る!

注射膵臓は小さい臓器なので、通常エコーでは映らないそうです。

膵炎の可能性が高い。と入院!

くすり6日間の入院で、クレアチニンの数値も戻り無事退院。

肥満傾向の猫に膵炎は多い!と、食事指導を徹底されたそうです。

確かにその猫は、お腹がタプタプしていました。

あせあせ(飛び散る汗)そういえば、以前に、猫の毛球対策にオリーブオイルが有効と聞いたのを、獣医さんに確認してみましたら、毛玉はほどけますが、油分は猫の膵炎を誘発します。といわれたのを思い出しました。

であれば、猫の毛球除去剤は、ほとんどが油を使用しているのでおススメではないということでしょうか。

、、、猫の肥満、油分の与え過ぎ、気をつけたいと思います。





猫のダイエット、毛玉対策にコンニャクパウダーという優れモノがあります。





食欲を抑えるアズミラのハーバルスリムも有名です。


くすり猫はよく吐くと思われていますが、病気が原因していることも多いので、猫が吐いたり、食欲がないなら、病院へ!

猫の膵炎は見逃されやすいそうです。お大事にしてください。。。




ニックネーム 月の猫 at 13:59 | TrackBack(0) | 猫のご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

やっぱり猫の口内炎、、、

sironeko05.gif毎日、このブログに辿り着いてくださる方は、猫の口内炎と戦っていらっしゃる飼い主の皆様が多く、心が痛みます。

飼い主としては、痛みのために、食事もとれなくなり、痩せていく猫を、何とか助けてあげたいと思うのですが、、、。

我が家の猫の経験からですが、完治は難しいのではないかと思いました。

晴れが、仲良く付き合っていくことはできるのではないかと思います。あきらめることなく頑張っていきましょう!

まずは、免疫を上げること!!

絶対にこれで、免疫が上がるなどと保証できるものは存じませんけど、基本的に免疫の多くは腸に集中しています。

くすり乳酸菌を増やすと免疫が上がります。が、乳酸菌をとっても、腸の中で長時間とどまることはないので、自分の乳酸菌を増やすことができる、ラフィノース(天然オリゴ糖)がおススメです。

もちろん即効性はありません。継続は力なりです。

くすりあと、何度か、ご紹介していますが、王子のハタケシメジです。このサプリ、何年か前にその名も「口内炎改善剤」という名前で発売されていたんです!!

当時は、確か酸性キシリオリゴ糖というオリゴ等とのミックスでした。

くすりメーカーに問い合わせてみたところ、非常に詳しく説明してくださり、ハタケシメジはリンパ球の数値を理想的に保つのに効果的、つまり免疫が上がる! と、説明くださいました。

現在、ペット用と人間用の両方が販売されています。

詳しく知りたいと思う方は、電話して話を聞いてみたらいいと思いますよ!!  

口内炎の猫がいた時には、このサプリを知らなかったのですが、知っていれば、絶対に試してみたと思います。

くすりペット用のプロポリスも、与えていました。酵素も取れますし、免疫を上げるとも聞きますし、何といっても天然の抗生物質ということで、口の中の菌が減ればと思い、ご飯に混ぜたり歯茎に塗ったりしていました。

注射、、、獣医さんとの出会いも大切だと思います。以前の記事ですが、猫の口内炎についての獣医さんのブログです。
  右 
猫の口内炎は治ることもある

  猫の漢方で有名な佐野薬局さんなども、相談してみてもいいかもしれません。
  口内炎の猫にサンクロン(クマザサエキス)をすすめているようです。

 こちらのページで重篤の猫を獣医は治すことができない。と、ご意見を拝見しましたが、私もそのように思います。

 、、、誰にも治せないのではないかと思います。

 かわいい治らないならば、無駄な治療で猫に負担をかけることなく、できるだけベストな状態を保ってあげられることを考えていきたいものです。

 薬は使いたくなかったのですが、痛みのために食事ができなくなってきたので、メタカムという痛みどめを病院でいただいていました。猫には副作用が少ないとの説明を受けました。

 お大事にしてください。


       


なかなかやってみよう! と思う人は少ないかもしれませんが、ガン細胞も消滅させるといわれるビワの葉温灸も猫が気持ちよさそうにしていました。血液を浄化するので、とてもいいと思います。

猫用のビワの葉お灸セットも販売されています。
(人間用と別に変わりませんが)
 猫にビワの葉温灸








ニックネーム 月の猫 at 11:25 | TrackBack(0) | 猫のご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする