2016年04月09日

猫の口内炎・難病にタカダイオン。

sironeko04.gifこのブログの検索ワードを見ると、毎日「佐野薬局」「猫のお灸」「びわの葉温灸」「猫の口内炎の痛み止」などなど。

 難治性の口内炎の老猫を介護した人間としては、心が痛みます。

 彼女は初めて引き取った猫でした。

 小さな子だったので、子猫だと思っていましたら、老猫でした。

 あっという間に、口内炎やら心臓病やら発症しまして。。。

 訳も分からず病院へ連れて行きましたが、後悔も多かったです。

バッド(下向き矢印)一番の反省点は、人間と同じで「口内炎など治る!」と思っていたことでした。

 とんでもない、猫の口内炎の場合は命取りになるんですね。知りませんでした。

犬(足)よくその病気を知り、治療法、薬の副作用を知った上で連れて行くべきでした。

注射医師に薬や治療法を提案された時に「ノー」とはっきり言えるように。これ大事ですね!

 我が家の場合は、途中から痛みどめの「メタカム」と免疫を上げるという「ラクトフェリン」だけいただき、病院へ猫を連れていくことはありませんでした。

 家で、せっせとびわの葉温灸をし、ペット用のプロポリスを与え、ビワの種を食事に入れたり、口の中を清潔に保つ努力をしました。

 結果、16まで一緒にいてくれました。

 、、、当時は存在を知らなかったのですが、タカダイオンという治療器がありまして、、、


 がんの腫瘍マーカーが下がる! と、知る人ぞ知るタカダイオンです!!

 ホントでしょうか? がんではないのですが、自ら試してみましたらいい感じです。

 50万人に一人といわれる関節炎が再発しまして、これはまずい! 

 何とかしなくては、とあれこれ探して、タカダイオンに辿り着きました。

 使い始めて半年くらいですが、腫れがほとんど引きました。

 最初レンタルしたんですが、2週間で効果を感じましたよ。

 どんな効果かって? 体が軽くなるというか、使ってみれば分かりますよ。

 詳しく知りたい方は、読者登録してメールください。お返事します。

 治療法は手術しかないといわれて、一度手術を受けましたが、再発してしまい、、、タカダイオンで状態が保てそうです。

くすりさらに、イボが取れたり、シミが薄くなったり、ミラクルが起こっています。

 で、このタカダイオンですが、猫や犬にも使えるんですよ。

 ただ、当てるもしくは猫をのせるだけです。それも難しいなら、人間が使っている時に、猫を膝に乗せるとか、猫に触っていればOK。

 びわの葉温灸よりも簡単です。
 15分くらいで大丈夫だと思います。 
 病院へ通うより安いと思います。

犬(足)当時このタカダイオンを知っていれば、口内炎の老猫に試せたのに、と思うのでした。


ion.jpg左タカダイオン 「猫が病気だ!」と、問い合わせてみてください。いろいろ教えてくれます。


  、、もちろん、評判が良くても、合わないと感じた獣医は即効でやめましたよ。評判よりも、飼い主が信頼できる人であることが大事だと思います。




ニックネーム 月の猫 at 05:15 | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/4135330
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック