2015年10月17日

猫の難病と飼い主の珍病とタカダイオン

sironeko10.gif50万人に一人くらいの割合で発病する珍病で「手術をしないと歩けなくなる」と、宣告され9年ほど前に手術を受けました。

関節の病気で、ケガもしていないのに内出血し、腫れあがります。

原因は不明。

再発を繰り返す病気ですが、腫瘍タイプなので、再発はない。とのことでした。

くすりが、数週間前に9年前と同じ異様な膝の腫れと痛み! まさかの再発?!

、、、、、当時は全く存在を知らなかったタカダイオンをレンタルしてみました。

あらゆる難病に効果をあげているといわれるタカダイオンです!

広島の被爆症で活躍したタカダイオンです!

福島の事故の後売り切れたあのタカダイオンです!!

本当なんでしょうか?

、、、、確かに、需要に対して製造が間に合わなかった時期があったそうです。

販売店の方に、嫌がられるくらいしつこく質問させていただいて、藁をもすがる思いでのレンタルです。

意外とコンパクトです。横幅はA4用紙より小さいです。

02.jpg

金属の板を身体にピタッと接触させて使います。

簡単にいうと、マイナスイオンが身体に入り、活性酸素を除去させるというものです。

・・・・・? マイナスイオンなんて効くの?? 

ひらめき病巣のある方の足がだるくて眠れないほどでしたが、使用し始めて4日目頃から、だるさが、ゆっくりですがすーっと引いてきているのは偶然でしょうか??

ひらめきこのタカダイオン、使用中に手をつないでいる人にもマイナスイオンが流れ効果があるらしいのですが、膝の上で眠る猫が爆睡します。
 午前中はいつもバタバタしている子が、よーく眠っています。偶然でしょうか?? 

そうなんです。タカダイオンは猫や犬にも使えるんです。

オゾン法などを取り入れている動物病院もありますね~。

もしも、痛みも不安もなく、自宅で猫の体調を改善できるなら最高ですね。

さらに、肩こりなどなど、軽くなっているのは偶然でしょうか?

、、、、偶然でしょうか???  ゆっくりじっくり経過を観察したいと思います。

タカダイオン


とりあえずレンタルで試せる販売店もあります。
御用の方はメッセージをください。読者登録していただけるとメッセージ機能が使えます。










ニックネーム 月の猫 at 08:59 | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/4093331
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック