2015年02月19日

猫の食欲がない時には。。。

sironeko06.gif猫の嗅覚は人間の数万から数10万倍といわれ、食べられるものか、食べてはいけないものかを、においで判断しています。

猫は、毒素をするのが苦手で、腎臓、肝臓に負担がかかる構造になっています。

くすりそのため、猫はにおいで腐っているかどうか嗅ぎ分け、食べてよいもの、よくないものを判断しているのです。

なので、猫の食欲がない時は、新鮮なものはもちろんですが、においの強いものを加えるようにしています。

例えば、猫用の減塩鰹節をよく使います。

他にも猫の食欲をそそるものには、無塩醤油、いわしの粉、サーモンオイルなどいろいろあります。
                  

注射もちろん、ただ単に食欲がないのではなくて、病的に食べないなら、、、、動きも鈍くなっているのでは?

そのような時には、病院へ行って原因をはっきりさせることをおすすめします。

いつもその猫を見ている飼い主が「おかしい」と思ったならばそのカンは当たっていると思います。


        ペット用のプロポリス、甘くできています。












ニックネーム 月の猫 at 08:34 | TrackBack(0) | 猫のご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3970557
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック