2011年08月02日

猫の口内炎とベネバックパウダー(乳酸菌)

 sironeko08.gif

  猫の口内炎にベネバックバウダー

 猫の難治口内炎は、現在のところ完治は難しく、病院へ行っても、痛み止、抗生物質、ステロイドの投与が一般的で、どれも進行を遅らせる事はできる、といった感じでしょうか?

 我が家の愛猫の場合は、次第に薬の効果が上がらなくなっていきました。(特にステロイドは×でした)

 
 病院ばかりに頼るのではなく、飼い主として、何かできることはないでしょうか?

 口内炎の根本原因は免疫の低下、カリシウイルスなどが関係しているとされていますが、口の中の細菌が大きく影響しています。

 口内炎を起こす前には、口内細菌による歯周病という経過をたどっているはずですが、猫の歯周病の発生は、ミクロフローラという腸内細菌が関係しています。
 これは、抗生物質の使用、ストレスなどにより腸内の環境が乱れたことによって起こります。
 左 ベネバックパウダー(乳酸菌サプリメント)は、腸内の悪玉菌を除去して、腸内環境を整える効果があります。
 
 かわいいさらに、歯肉を保護する良性細菌
乳酸桿菌属)を定着して、歯周病、口内炎から猫を守ります。


 ご飯に混ぜて与えたり、口内炎・歯周病がある場合は、ぬるめのお湯に溶かして、シリンジなどで直接与えてください。



   


 そういえば、人間の歯周病や虫歯に効果があるとされる乳酸菌入りの製品を数多く見かけるのは、猫にも効果を確信させますね〜るんるん  


       左 広島大学歯学部と四国乳業共同開発ヨーグルト




 ひらめき 猫の乳酸菌入り製品も探すとけっこうありそうです。

           
      


    お大事にどうぞ!

ニックネーム 月の猫 at 14:50 | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2774026
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック