2011年06月01日

猫の便秘ごはん

sironeko09.gif


 お肉の多い食事は便秘になりがちです。
 
 そんな時は、すぐに薬に頼るのではなく、食事で繊維質と、水分をたくさん取らせるように心がけましょう。

 例えば、猫缶に、少量のキャベツや、茹でたひじき、大根おろしを加えてみましょう。
 大根おろしには消化酵素が含まれているので、胃腸の調子を整えてくれます。
 猫は苦みや辛味を嫌うので、辛味の無い青くび大根を使うのがポイントです。
 栄養満点のグリーンナッツオイルなどの油も、潤滑油となり便の出がよくなります。さらに、毛球の排出効果も期待できます。
            
            
 手作りするなら、多めの水で鳥の胸・ささみなどを煮込み、最後にキャベツを入れ、さっとゆでた鳥のスープを作り、食べる直前に、大根おろしを加えてあげましょう。 グリーンナツオイルも1滴、加えてあげてください。
 温めると酵素が死んでしまうので、食べる食前に大根おろしを加えるのがポイントです。
 手作りのフードに慣れていない猫には、市販の鳥のスープ仕立てのフードを味付けに加えるというか、混ぜるとだいたい食べてくれます。

 ビオフェルミンも効果ありです! 病院でも似たようなものを処方されますよ。きっと。。。
          そのまま食べないと思うので、砕いて粉状にして、缶詰やスープに混ぜます。

 ビオフェルミンを与続けると、便の臭いが減るようです。

 お大事にどうそ!

 

ニックネーム 月の猫 at 16:05 | TrackBack(0) | 猫のご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2686828
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック